敏感肌ってどんな肌?

「敏感肌」という言葉は、女性の方であればご存知のはず。 でも「どんな肌?」と聞かれると、答えに困ってしまうのではないでしょうか。 だって”敏感”と言うけれど、何に対してお肌が敏感なのか? 敏感肌だと自覚している本人ですら、答えられない方もいるはずです。 ここでは、敏感肌についてのアレコレをお伝えしていきます。


敏感肌ってどんな肌?

敏感肌を一言で表すと「刺激に敏感なお肌」と言えるでしょう。
普通の肌質の方では反応しない外部からの刺激に、一つ一つ反応してしまうのです。 その理由はお肌のバリア機能(お肌を守る機能)が低下していること。 バリア機能が低下していると、皮膚の隙間から外部刺激が入りやすくなっているので、肌自体が防衛するために過剰反応してしまうのです。



時々「敏感肌は持って生まれた肌質」だと思われている方がいらっしゃいますが、生まれつき敏感肌の方はごく一部です。 現在敏感肌で悩まれている方の多くが、後天的原因によって敏感肌になっています。 誰でも、どんな肌質の方であっても敏感肌になる可能性はあるのです。

外部からの刺激とはこんなもの
・温度の変化
・ほこり、ダニ、花粉
・石鹸やシャンプーの洗い残し、柔軟剤
・衣類の繊維との摩擦


もしかしたら敏感肌?

自分は敏感肌なのか? その判断基準って曖昧で解りづらいですよね?
主に、次のような方は「敏感肌」の可能性が大です。

洗顔後、顔全体がつっぱる
スキンケアや化粧品でかぶれたり、痒みや赤みが出る
紫外線に当たると湿疹が出る
肌がほてっていて、いつでも赤みかかっている
歳を重ねるごとに乾燥がひどくなっている


敏感肌の原因

次のようなことが主な原因として考えられます。

・アトピーや鼻炎などのアレルギーをもっているアレルギー体質
・皮膚が薄い
・肌に合わないスキンケアや化粧品
・誤ったお肌のお手入れ方法 など
・ストレスや寝不足
・食生活の乱れ

思い当たる節はありますか?
更に…敏感肌になる理由は大きく分けて二つあります。

体質
元々皮膚が薄く、水分を保ちにくかったりアレルギーをお持ちの方以外にも、心身の不調がお肌に出やすい方がいます。 こんな方は、幼少期の頃、思春期の頃からお肌トラブルを抱えています。

自らが促進
「美肌になりたい」と行っているはずのスキンケア。 敏感肌の人の中で最も多いのが、誤ったスキンケアによって自らが敏感肌にしてしまっているというケースです。 誤った過度のスキンケアは、肌本来が持つバリア機能を壊してしまいます。 こんな方は、ある時期から敏感肌になっていることに気がつきます。 ケアミスによって健康な肌を敏感肌に変えてしまったのです。





敏感肌におススメの化粧品

思春期の頃から「敏感肌」で悩まされてきた私が一押しの化粧品、それが「つつむ」です。つつむはポーラ・オルビスグループから誕生したディセンシアという敏感肌専門のブランドの一つ。
なんでも、敏感肌を研究し尽くして作られた化粧品だとか。

そのつつむを、敏感肌の私が実際に使用して、レビューしてみました。 敏感肌に悩んでいる人は、是非私のレビューを参考にして試してみてくださいね。



矢印アイコン敏感肌の悩み

Copyright (C) 2014 つつむ口コミ All Rights Reserved.