敏感肌のスキンケア放浪記

思春期の頃から「敏感肌」で悩まされていた私が、スキンケアで失敗した(肌を悪化させてしまった)経験は数えきれません。 それでも、どうにかトラブルをなくしたくて、もし叶うなら、肌質自体をもっと丈夫にしたくて、放浪しました~。”スキンケア放浪記”という小説が一冊書けるのではないかと思えくらいです。 彷徨って失敗して、肌が益々悪化して…なんて経験は山のようにあります。 そのいくつかをご紹介します。


スキンケア参考画像



ニキビケア

思春期ニキビから大人ニキビまで、ニキビには随分長いこと悩まされました。 スキンケアの失敗で化膿してしまい、目立つ化膿ニキビになった失敗は数知れず。

・ニキビ専用スキンケア
ニキビ肌にとって大切なのは”肌を清潔に保つこと”。 アクネ菌の殺菌だけでなく、肌の洗浄能力が高いものが多いのがニキビ専用スキンケア。 また、自らのターンオーバーを高めるのではなく、スキンケアに含まれた成分により、古くなった角質を取り除くものもあります。 これらは、敏感肌の私には刺激が強かったようで、よりニキビが悪化したことが何度もあります。
最近のニキビケア専用のスキンケアは試していませんが、私がこれまで試したもので効果が出たものは一つもありませんでした。 悪化した時の治るまでの長時間の苦痛を何度か繰り返して懲りたので、それ以来ニキビ専用のスキンケアを使ったことはありません。


洗顔

Tゾーンに脂が多く、時間がたつとテカるのが気になっていました。
最初の頃、ニキビが出来ていたこともあり「私は脂性の肌質なんだ」と思いこんでいました。 だから、素人考えで・脂が出過ぎる→脂を取ればいい→肌が清潔になる こんな風に単純に考え、色々な洗顔を試しました。 洗顔料はもちろんのこと、洗顔ブラシ、スクラブ、ピーリング、毛穴パック… どれもこれも失敗でした。 ここで”失敗”というのは、肌トラブルが解決されなかったことだけではありません。 脂は一向に減らず、前よりジャンジャン噴き出している気がするし、毛穴はもっと目立つようになり、顔全体の状態が悪化しました。 今思えばどうしてあんなことをしていたのか?!と、当時の自分を恐ろしく思いますが、その頃の私は美肌になるために必死だったんです。


クレンジング

肌を清潔に保つ、余分な油脂を洗い流すには、洗顔だけでなくクレンジングも重要なことはわかっていました。 敏感肌だという自覚は十分にあった私は、当時「ナチュラル」「オーガニック」「自然派」などというフレーズがつくものを選んでいました。 しかし、いくら肌に優しそうなフレーズでも、合わないものは合わないのです。 中でもオイルクレンジングは最悪でした。 オイルが毛穴を詰まらせてしまい、肌トラブルが悪化しました。 毛穴を詰まらせてしまう…ということは、悪化経験を繰り返して学んだことですが、これ以来、オイルクレンジングは使用しないようにしています。


スキンケア

思春期の頃は、ニキビが出来ていたことで、勝手に脂性の肌質だと思いこんでいた私は、脂が多すぎる=水分もいらないと決めつけていました。 そのため、肌を保湿するスキンケアを殆どしていませんでした。 むしろ、肌をなるべく乾燥させたほうがいいのだと思って、保湿力の少ないものを選んでいたような気がします。 その後、大人になってから「保湿が大切」だということを身に染みて感じ、保湿を心がけるようになったのですが、これがまた、自分の肌に合うものを見つけるのが一苦労でした。

まずはサンプルで試して、トラブルが無ければ本格的に使うのですが、本格的に使うに至るものは10商品試して1つ位だったでしょうか。 その位至難の業だったんです。 しかも、ようやく「使える!!」と思ったものが、製造中止になることも何度もありました。

当時は、大手化粧品メーカーは「敏感肌用」の化粧品を今程製造していなくて、どちらかと言えば、無名のメーカーが一部の人向けに発売しているものが多かったと思います。 その為、採算が合わず製造中止に追い込まれたのだと想像しています。


ファンデーション

本当に肌トラブルがひどい時に救いになるはずのファンデーション。 当時はカバー力ばかりを気にして、赤くなっている部分にグリーン系のコントロールカラーを使って、ファンデーションを塗りこんでいました。 今思えば、これでもか!という位、毛穴にファンデーションを詰め込んでいたような気がします。 更に、私は乾燥肌だという自覚がなかったので、随分長い間固形のパウダーファンデーションを使っていました。 その理由は、クリームタイプだと保湿もされるので、脂浮きがひどくなると思っていたのです。

でも、今ではクリームファンデーションを愛用しています。クリームタイプの方が、肌が保湿されるし、私の肌に合っていると思えるからです。 無知は怖いですよね…。そして、何事も経験ですね。


敏感肌スキンケアの放浪の一部をご紹介しましたが、同じような経験をされた方、今でも放浪されている方って多いと思うのです。

私自身もそうでしたが、敏感肌の悩みを一言で表すと 「どのスキンケアが自分に合うのか、それすらわからない。」ということなのではないでしょうか。 合うものが見つかれば、肌が良くなる可能性がある。 だけど、それが見つからなければ、この先ずっとこの肌と付き合うのか…という気持ちになります。 これが意外にストレスだし、コンプレックスになるのですよね。




敏感肌で悪戦苦闘されている方。
私のように放浪し、失敗を繰り返した方。
その経験を生かしたいですよね?
そんな経験をしたからこそ、肌トラブルから解放された。
そう言えるように、今こそ敏感肌を卒業しましょう。






敏感肌におススメの化粧品

思春期の頃から「敏感肌」で悩まされてきた私が一押しの化粧品、それが「つつむ」です。つつむはポーラ・オルビスグループから誕生したディセンシアという敏感肌専門のブランドの一つ。
なんでも、敏感肌を研究し尽くして作られた化粧品だとか。

そのつつむを、敏感肌の私が実際に使用して、レビューしてみました。 敏感肌に悩んでいる人は、是非私のレビューを参考にして試してみてくださいね。

つつむ14日間トライアルセットのレビューはこちら



矢印アイコンもしかしたら敏感肌…

Copyright (C) 2014 つつむ口コミ All Rights Reserved.