敏感肌を悪化させていませんか?

敏感肌にとって、大切なことはいくつかありますが、その中でも2つ挙げるとしたら
「保湿」「清潔」
肌をキレイに保つこと。そして肌に水分を補給すること。
当たり前で簡単なようで、実は出来ていなかったってこと、ありますよね?
「保湿」「清潔」も誤ったケアを行うと、敏感肌を悪化させることになります。

あなたの今のお肌ケア、もしかしたら敏感肌を悪化させていませんか?
これからお話するのは、私自身の経験談です。



清潔な肌

洗顔は大事だけれど…
「とにかく肌を清潔にしていなければ」
ニキビ肌だった私は、ある時から肌を清潔に保つことに執着しました。 休みの日は一日に何度も洗顔しました。 しかも、洗顔には洗顔ブラシを使ってみたり、ネットや洗顔用手袋、繭がいいと聞けば購入しました。”手”以外の洗顔グッズは恐らく市販されている殆どを試してみたと思います。

しかし、この洗顔は乾燥に拍車をかけました。
皮脂が過剰に出る原因は「乾燥」であり、洗顔を必要以上に行っていると、より乾燥し、結果として皮脂はもっと過剰に分泌される。 それが解るまではもう、悪循環でした。

マメに洗顔しているのに、すぐに脂浮きする。
お化粧して出かける仕事には、お昼休みに洗顔出来るように、洗顔セットを置いていたこともあります。 でも、すぐに化粧崩れする。脂浮きする。テカテカになる。 「どうしてなんだろう」 その頃の私は「脂性だから」ということしか思い浮かびませんでした。


洗顔料
洗顔石鹸は、固形・液体・粉・ムース…あらゆるものを使いました。 ニキビ専用の洗顔石鹸も使ったことがありますが、その多くが「敏感肌の方でも大丈夫」というフレーズのものばかり。

ところが大丈夫じゃないのです。大半は洗った後に皮膚が突っ張った感じになったり、ひりひりしたり、痒みが出る。時には顔全体が赤くなってしまったことも…


化粧道具
見落としがちなのが、化粧道具の洗浄です。 時々ものすごい色のパフを使っている人を見かけますが、パフの洗浄を定期的に行っていますか? すぐに出来ることなのに億劫で中々やっていないのが化粧道具かもしれません。 私が気にし出したのも、随分肌トラブルで苦労してからだったと思います。


保湿は大切だけど…

「敏感肌」を自覚したての頃の私は、「私には余分な保湿はいらない。」と思っていました。
これだけテカテカに脂が出るのだから乾燥が必要だと思っていたのです。 しかし、それが間違いであると知ると、今度は意識して保湿を心がけました。

これが大変でした。
自分の肌”でも使える”スキンケアを探し求める日々。
自分の肌を”美肌にする”ものを求めている訳ではなく、”使えるもの”を探すだけで精いっぱい。 「肌に優しい」「敏感肌でも大丈夫」「自然」「オーガニック」など、使えそうだと感じたものは片っはしから試しました。

この彷徨い続けた時期があったお陰で、どの成分が自分に合わないのかを知ることが出来ました。

スキンケアだけでなく、外出時にも保湿が出来るように、携帯用のスプレーも持ち歩くようになりました。 これも、彷徨いましたね~。 どれを使ってもピンとこない。だけど、「トラブルは起きない(改善もしない)」「やらないよりマシ」そんな感じだったような気がします。

肌って洗顔だけをしている訳ではありません。
洗顔した後につけるスキンケア用品、化粧品…
その何がいけなくて、どれが反応しているのか…
当時は訳わからなくて「理由が知りたい」と彷徨っていたように思います。 彷徨うしかないから、手あたり次第「効きそう」なものを試してみる。 だから余計に「何がよくて、何が駄目なのか」がわからなくなる。

今思えば、この「手あたり次第試す」ことも、敏感肌を悪化させていたのだと思います。



自分に合ったケア方法を!

敏感肌の方の悩みってコレに尽きるのではないでしょうか。 「どうすれば治るのか教えてほしい」 多くの方が

・何が原因で
・何が自分の肌を救ってくれるもので
・どうすればいいのか

彷徨っているのだと思います。

ただ、彷徨っているだけの悪循環を経験すると、私のように出口を見つけるのに物凄く時間がかかってしまいます。

今は敏感肌の人が増加し、”本当に敏感肌に効く”スキンケアや化粧品が発売されています。インターネットも復旧しているから敏感肌で悩む人たちで、情報共有することも出来る時代。

それでも、今なお私がやっていたような悪循環を行っているとしたら… それは敏感肌を更に悪化させている可能性は高いですよ。


今一度、ご自分のケア方法を見直してみてはいかがですか?



乾燥なんて嫌!潤いをしっかり与えましょう

肌が乾燥してカサカサの状態になってしまうと、まず肌の防御機能が低下します。 肌の防御機能が低下すると、肌にトラブルが現れ、刺激に弱くなり、敏感肌状態になってしまうのです。 そんな乾燥を予防するには、潤いを与えなければいけません。そして、その潤いを常に保つ必要があります。

敏感肌には保湿が大切なのです。
特に季節の変わり目、乾燥しやすい時期になると、肌がカサカサしてくる人も多いですよね。 そういった場合は、いつもより保湿剤をたっぷり使いましょう。

使用する保湿剤ですが、お店にはいろいろな製品がありますので、選ぶ際にはちょっと注意が必要です。 敏感肌の場合、ちょっとした刺激が肌荒れの原因となりますから、初めて使用する商品の時は、ちょっとだけ肌に付けてみて、痒くなったり、赤くなったり、ヒリヒリしたりしないか確認するようにします。 継続して使用するものですからね。お店でサンプル品などを使用させてもらえると良いですね。

しかし、敏感肌の人は、ストレスや体調、環境により、急に肌の状態が変化して、今まで肌に合っていたはずの保湿剤が急に合わなくなることもありますので、いつでも肌状態をしっかり観察していることが大切です。



敏感肌におススメの化粧品

思春期の頃から「敏感肌」で悩まされてきた私が一押しの化粧品、それが「つつむ」です。つつむはポーラ・オルビスグループから誕生したディセンシアという敏感肌専門のブランドの一つ。
なんでも、敏感肌を研究し尽くして作られた化粧品だとか。

そのつつむを、敏感肌の私が実際に使用して、レビューしてみました。 敏感肌に悩んでいる人は、是非私のレビューを参考にして試してみてくださいね。

つつむ14日間トライアルセットのレビューはこちら



矢印アイコン敏感肌に美白は無理なの?

Copyright (C) 2014 つつむ口コミ All Rights Reserved.